2007年03月31日

悪徳住宅リフォーム業者に注意

住宅リフォームの際には、悪質な住宅リフォーム業者にだまされないように気をつけなければなりません。


2005年には、認知症に近いお年寄りが多くの悪徳リフォーム業者から不必要な工事を発注させられたという事件もあり、世間を驚かせました。
弱者を食い物にする、本当に許せない行為です。

近年では、アスベストを口実にした悪質なリフォームの勧誘も行なわれているといいますから、注意せねばなりません。


リフォーム工事では建築構造を考える必要がなく、また金額が500万円未満の場合は「建設業の許可を持っていなくても行なうことができる」とされています。
つまり、極端な話をすれば「素人でもできる工事」なのです。


そのため、訪問販売などで、半ば強引に高額かつ不必要な工事契約を行なうという悪徳リフォーム業者が後を絶ちません。


このような悪徳業者にだまされかけたときには、まず「クーリングオフ」を活用しましょう。訪問販売で住宅リフォームの契約を行なった場合、8日以内であれば、たとえ工事が始まってからでもクーリングオフが可能です。

なお、国民生活センターは、消費者へのアドバイスとして「(住宅リフォーム工事は)訪問販売では、できるだけ契約しないこと」「業者の説明を鵜呑みにしないこと」との発表を行なっています。


「自分だけは大丈夫」と慢心していると、プロの悪徳業者にはコロッと騙されてしまいます。
他人の問題ではなく、自分にも多いに関係のある問題として、注意を怠らないようにしたいものですね。

posted by 住宅情報館 at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0)
住宅情報館
リフォーム > 悪徳住宅リフォーム業者に注意

"悪徳住宅リフォーム業者に注意"へのコメント

コメントを投稿する
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37349335

"悪徳住宅リフォーム業者に注意"へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。