2007年03月29日

欠陥住宅の見分け方

欠陥住宅の問題がここ数年騒がれていますが、昨今の不景気(現在は回復していると言いますが・・・)の影響も相まってか、
材料費・工賃等を安くすませるための“手抜き工事”が横行し、欠陥住宅はいまだに建設され続けていると言われます。

一生懸命働いて得たお金を出して、せっかく購入したマイホームが欠陥住宅だったら・・・その悲しさは察するに余りあります。


では、欠陥住宅を購入しないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

ハッキリ言って、素人が欠陥住宅をすぐに見分けることのできる見分け方というのはありません。
そんな簡単な見分け方があれば素晴らしいのですが、やはりプロの目に見てもらわないと分からないことがたくさんあります。


そこで、これから新築する住宅が欠陥住宅にならないようにするためには、建設業者と無関係な建築士に施工管理を依頼する――というのが間違いのない確実な方法です。

欠陥住宅の原因となる手抜き工事は、建設業者と建築士との間につながりがある場合に起こりうるからです。
もし業者と建築士の間に何のつながりもなければ、そんな設計を行うだけお互いに信用を失うのですから。


例えばビル建設などの場合は、施工と監理をそれぞれ別会社が行ないます。それによって、建設業者は手抜き工事ができなくなる――という仕組みになっています。


しかし、住宅建設の場合、普通は施工と監理を同じ会社が行なうため、手抜き工事による欠陥住宅が造られやすくなるのです。


これを防ぐためには、建設業者と関係のない建築士に施工管理をしてもらうのがベストであるといえます。ただし、この方法には多額の費用がかかってしまうという欠点があります。

通常ならば1つの会社にのみ依頼するところを、2つの事業者にお願いするわけですから、ある意味仕方ないともいえましょう。


また、「住宅性能評価書」の交付されている住宅を選ぶようにするというのも、欠陥住宅を避ける一つの手段です。住宅性能評価書は、国が定めた欠陥住宅を避けるための制度です。

これで確実に欠陥住宅に当たるのを防げるというものではありませんが、あった方が欠陥住宅を購入してしまう確率を低くしてくれることは確かです。

posted by 住宅情報館 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |欠陥住宅
2007年03月30日

欠陥住宅とは

欠陥住宅とは、住宅として当然有しているべき機能や、安全性などを欠いた住宅のことを言います。


欠陥住宅の具体例としては次のようなものがあります。

  • 安全性について建築基準法の内容を満たしていない(構造上の安全性や耐火性・防火性など)
  • 雨漏がする
  • ドアや窓が閉まらない
  • 床や外壁が傾いている
  • シックハウス症候群を引き起こす化学物質が多く使われている



住宅の価格は数千万〜数億円と非常に高価であり、人生最大の買い物ともいわれます。その後の人生を「ローン返済のための人生」と形容する人もあるほど。その住宅が欠陥住宅であった時の被害とショックは計り知れません。


自宅が欠陥住宅と分かったときの精神的ショックのために、ノイローゼになったりするケースも少なくないといいます。


住宅購入時には、欠陥住宅に当たってしまわないよう、細心の注意を払う必要があります。

posted by 住宅情報館 at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) |欠陥住宅

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。